7月米消費者マインド指数は5カ月ぶりに低下へ、雇用懸念で-調査

ブルームバーグ・ニューズが57 社のエコノミストを対象にまとめた調査の中央値によれば、24日に発 表される7月のロイター・ミシガン大学消費者マインド指数(確定値) は65.0と、5カ月ぶりに低下したもようだ。失業率の上昇と賃金の低 下が原因とみられている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。