パナソニック株が1カ月半ぶり高値、JPモルガンは格上げ

パナソニックの株価が一時前日比

6.9%高の1372円と大幅続伸、取引時間中では6月3日以来、およそ 1カ月半ぶりの高値水準を回復した。JPモルガン証券では23日付で、 パナソニックの投資判断を「中立」から「オーバーウエート」に、目標 株価を従来の1100円から2000円に引き上げている。

JPモルガンは23日付のレポートで、格上げ理由について、三洋 電機へのTOB(株式公開買い付け)が今上期中に実行される可能性が 高い中でのエナジー事業に加え、新興市場での成長戦略明確化などが期 待できる点に言及。また、海外従業員や国内非正規社員に限らず、国内 正規社員を含めたリストラを継続するなど、継続的なコスト削減で収益 回復が予想できる点などを挙げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE