ABCマ株5カ月ぶり高値、出店・商品力で靴市場で優位-野村格上げ

靴小売店をチェーン展開するエー ビーシー・マートの株価が一時前日比4.9%高の2790円と急反発し、 2月4日以来、約5カ月半ぶりの高値水準を回復。出店・商品力の高さ を武器に中期的にシェアを伸ばすとの指摘が一部アナリストから出て、 成長性を再評価する買いが入った。

野村証券は、ABCマト株の目標株価を従来の2800円から3200 円に引き上げると共に、投資判断を「2(中立)」から「1(買い)」 に上げた。担当アナリストの風早隆弘氏は、アパレル大手のファースト リテイリングが子会社で運営していた「フットパーク(旧靴のマルト ミ)」事業の縮小を7月に正式発表したことについて、「靴業界の参入 障壁の高さと、勝ち組の靴専門店の競争優位性を改めて示した点で、A BCマトにポジティブ」とみる。

同証によると、08年度の国内靴小売市場規模は1兆8600億円。 09年度は消費環境の悪化などで2%程度縮小し、その後は横ばいで推 移するとみている。ABCマトの08年度の市場シェアは4.3%程度。 ABCマトは、「自律的な出店と商品力の高まりによる顧客基盤の拡大 を軸とした業績拡大」が可能と、風早氏は指摘、順調にシェア拡大が続 くとみている。

野村証が予想するABCマトの向こう3期の連結営業利益は、10 年2月期が234億円(従来227億円)、11年2月期が255億円(同 246億円)、12年2月期が276億円(同265億円)。

エービーシー・マートの総合画面{2670 JP <Equity> BQ}

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE