人民元、今後10年にドルに代わる主要通貨になる公算低い-交通銀行

中国で資産総額5位の銀行、交通 銀行の幹部は人民元について、投資フローに制限があるため、少なく とも10年間はドルに代わって主要な国際貿易決済通貨になることは ないだろうとの見解を示した。

交通銀行の国際銀行部門幹部のチャン氏は、中国企業が貿易決済 を人民元建てで行うことを認める試験プログラムを開始してからの3 週間について、人民元での決済は小規模にとどまったと指摘した。企 業が資産価値の保全や収益確保を目的に人民元に投資する手段を中国 当局は拡大すべきだとも述べた。

チャン氏は22日のインタビューで、「顧客に貿易決済で特定の 通貨の利用を強制することはできない」とした上で、「資本収支改革 の推進や国外で人民元を利用する方法の拡大に向けて、一段の措置を 講じる必要がある」と語った。

中国政府は2日、上海など広東省の5都市の企業が試験プログラ ムに参加することを認めた。ドルへの依存度低下に加え、2兆ドル強 に達している外貨準備の伸びを抑制する狙いがある。

--Judy Chen. Editor: Sandy Hendry, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or Xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

%CNY %USD %HKD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE