OPEC月間原油輸出1.7%減、8月8日まで-オイル・ムーブメンツ

石油コンサルタント会社オイル・ ムーブメンツによると、8月8日までの4週間の石油輸出国機構(O PEC)の原油輸出は、その前の4週間と比べて1.7%減少すると予 想される。製油所の保守・点検作業や需要低迷が影響するとみられる。

8月8日までの4週間のOPECの原油輸出は日量2239万バレ ルとなり、7月11日までの4週間の2278万バレルを下回る見込み。 オイル・ムーブメンツの週間リポートによると、6週連続の減少。

米エネルギー省によると、7月17日に終わった週の米製油所の設 備稼働率は85.8%。OPECは14日付のリポートで、生産が3カ月 連続で増加する中、6月は昨年の減産合意の順守率が72%に低下した としていた。OPECは昨年、日量420万バレルの減産で合意した。

8月8日までの4週間の中東からの原油輸出は2.3%減の日量 1628万バレルになる見通し。7月11日までの4週間は1667万バレル だった。

8月8日時点で海上運搬中の原油は合計4億3678万バレルと、4 週間前の4億5353万バレルから3.7%減少すると予想されている。こ の数字は「洋上貯蔵施設」として使用されている船舶は除外している。

オイル・ムーブメンツは、船舶ブローカーからのタンカー用船状 況リポートと独自の集計モデルを組み合わせて原油出荷を試算してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE