米キャピタル・ワン:4-6月は前年比5割減益-1株65セント赤字

米クレジットカード発行会社、キ ャピタル・ワン・ファイナンシャルが23日発表した2009年4-6月 (第2四半期)決算は、カードローンのデフォルト(債務不履行)率 が引き続き上昇する中、利益は一時費用を除いたベースで前年同期比 50%減少した。

同社の発表文書によると、米政府から優先株を買い戻した費用を 除いたベースの損益は2億2420万ドルの黒字、1株当たりでは65セ ントの赤字だった。前年同期は4億5290万ドル(1株当たり1.21ド ル)の黒字。一時費用を含むベースの第2四半期の損益は2億7550 万ドルの赤字だった。ブルームバーグ・ニュースが集計したアナリス ト22人の予想平均では1株当たり63セントの赤字が見込まれてい た。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが22日発 表したリポートによると、6月の米国のクレジットカードのデフォル ト率は過去最高の10.76%となり、来年半ばにかけて上昇傾向が続く公 算がある。キャピタル・ワンが15日に当局へ提出した資料によれば、 同社は米国内のカードローンのうち、6月は9.73%(年率換算)の評 価損を計上した。5月は9.41%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE