新日鉄株が反発、7-9月期業績回復を期待-足元赤字報道は響かず

新日本製鉄の株価が反発。第1四 半期(4-6月)の連結経常損益は赤字になったとの観測が出たが、粗 鋼生産の増加などから7-9月期以降は業績が回復していくとの期待感 が強い。午前9時6分時点では、前日比2.0%高の364円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。