米サンパワー:4-6月期は22%減益-太陽光発電装置の売り上げ減で

米2位の太陽電池メーカー、サン パワーが23日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、リ セッション(景気後退)の影響で太陽光発電システムの売上高が落ち 込んだことから、前年同期比22%減益となった。アナリストらは赤字 を見込んでいた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。