米ジュニパー:4-6月は88%減益-不況で電話会社の投資削減響く

ネットワーク機器2位の米ジュニ パー・ネットワークスが23日発表した2009年4-6月(第2四半 期)決算は、前年同期比88%減益となった。半世紀で最悪の景気低迷 のなか、電話会社による投資削減や税関連費用が響いた。

同社の発表文によると、純利益は1480万ドル(1株当たり3セ ント)と、前年同期の1億2040万ドル(同22セント)から減少。 株式報酬関連や他の費用を除く1株利益は19セントと、ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均値(18セント)を上回 った。

売上高は前年同期比11%減の7億8640万ドル。アナリスト予想 値は7億6520万ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE