印ランバクシー:デワス工場で製造の医薬品、日本での販売認可取得

インド最大の製薬会社、ランバ クシー・ラボラトリーズは23日、同社のデワス工場で製造した医薬 品の日本国内での販売や新製品投入が認可されたと明らかにした。同 工場製造の医薬品については、米食品医薬品局(FDA)が同国内で の販売を禁止している。

ランバクシーの発表文書によると、日本の厚生労働省はデワスの 工場に対しGMP(適正製造基準)証明書を発行した。

FDAは昨年9月16日、ランバクシーのパオンタ・サヒブとデ ワスにある2工場で製造される30種余りのジェネリック(後発医薬 品)について、製造工程での不備を理由に米国内での販売を禁止。F DAは同社の医薬品が有害である証拠はないと説明している。

ランバクシーは第一三共の連結子会社。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE