東京外為:円が小幅レンジで上下、米国株価見極めで取引手控え

東京外国為替市場では円が小幅な レンジ内で上下に振れる展開となった。米国で一部IT(情報技術)関 連企業の決算内容が不振だったことから、海外の株価下落が警戒され、 積極的な取引は見送られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。