日銀が国債買い現先オペ縮小、昨年11月以来の規模-レポ低位安定で

日本銀行はこの日、午前の金融調 節で定例化している国債買い現先オペを昨年11月以来の規模まで縮 小した。証券会社などが国債の資金手当てを行うレポ(現金担保付債 券貸借)が低位安定しているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。