日経平均が3年超ぶりに8連騰、好材料重なる米国株高受け輸出株上昇

東京株式市場では、日経平均株価 がおよそ3年8カ月ぶりの8連騰。決算や経済統計の好材料が重なって 上昇した前日の米国株、海外時間で進んだ円安が好感され、輸出関連株 が買われた。商社や鉱業など資源関連も高く、アナリストの格上げを受 けた消費者金融株は急騰した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。