大日本印:6年ぶり国内SB発行へ、設備投資向けに500億円

大日本印刷が設備投資向けに国内 普通社債(SB)を500億円発行する。年限は10年で、2003年9月の 初回債(500億円)以来約6年ぶりの社債発行となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。