ビンラディン容疑者の息子、米軍の攻撃で今年死亡した可能性-当局者

国際テロ組織アルカイダの指導者、 ウサマ・ビンラディン容疑者の息子の1人が、米軍による攻撃で今年死 亡したもようだ。

米政府の対テロ当局者が23日に匿名を条件に語ったもので、死亡 した息子サード・ビンラディン氏は大物テロリストではなく、攻撃の標 的ではなかったという。同当局者は、DNA鑑定を行う材料はなく、死 亡したのがウサマ・ビンラディン容疑者の息子であることを証明するこ とはできないと語った。

米ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)はウェブサイトで米 対テロ当局者の話を基に、サード・ビンラディン氏は20代後半とみら れ、米国の短距離空対地ミサイル「ヘルファイア」の攻撃で命を落とし たと伝えた。AP通信は2003年の段階で、ウサマ・ビンラディン容疑 者には14-18人の息子がいると報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE