米アメックス4-6月:48%減益-カード保有者の延滞増加

米クレジットカード会社ア メリカン・エキスプレス(アメックス)が23日発表した2009年 4-6月(第2四半期)決算は、継続事業ベースの純利益が前年同 期比で減少した。リセッション(景気後退)に伴い、返済が困難と なるカード保有者が増えた。米株式市場の時間外取引で、株価は 5%安を付けた。

時間外取引のニューヨーク時間23日午後4時43分(日本時 間24日午前5時43分)現在、アメックスの株価は1.45ドル安 の28ドル。アメックスはダウ工業株30種平均の構成銘柄中年初 来上昇率が最も高い。

アメックスの発表資料によれば、継続事業ベースの純利益は前 年同期比48%減の3億4200万ドル(希薄化後で1株当たり9セ ント)と、前年同期の6億6000万ドル(同56セント)から減少 した。一株当たり利益には、米財務省からの優先株買い戻し費用1 株当たり18セントが含まれる。

クレジットカード発行各社は、6月に過去最大となったカード 支払い滞納者への対処を強めている。アメックス株は年初来で 50%強上昇。先週、貸し倒れローンが2カ月連続で減少したと発 表して以降、22日までに18%上昇した。

総収入は前年同期比18%減の61億ドルと、ブルームバー グ・ニュースがまとめたアナリスト予想平均(61億8000万ド ル)をやや下回った。1万1000人を削減する計画の一環として、 4-6月期には4000人の削減費用を計上した。アメックスは15 日、今後年末までのデフォルト(債務不履行)が予想を下回る可能 性があるとの見通しを示した。

JPモルガン・チェースのアナリスト、アンドルー・ウェセル 氏は16日のリポートで、「失業の増加、貯蓄率の急上昇、企業投 資のリターンの遅れが2010年まで収入を圧迫する」と分析。「支 出の節減により、アメックスは現在の信用サイクルの間、黒字を維 持するという目標を達成できるだろう」と予想した。同氏は、アメ ックスの株価目標を25ドルに設定。投資判断を「ニュートラル」 としている。

アメックスは貸倒引当金を前年同期比13%減の15億8000 万ドルに引き下げた。米カードサービス部門は前年同期の2100万 ドルの黒字から2億ドルの赤字に悪化した。回収不能となったロー ン比率は第1四半期の8.5%から10%に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE