米アメックス4-6月:48%減益-景気後退でカード保有者の延滞増加

米クレジットカード会社アメリ カン・エキスプレス(アメックス)が23日発表した2009年4-6月 (第2四半期)決算は、継続事業ベースの純利益が前年同期比で減少 した。リセッション(景気後退)に伴い、返済が困難となるカード保 有者が増えた。米株式市場の時間外取引で、株価は5%安を付けた。

アメックスの発表資料によれば、継続事業ベースの純利益は前年 同期比48%減の3億4200万ドル(希薄化後で1株当たり9セント) と、前年同期の6億6000万ドル(同56セント)から減少した。この 数字には、米財務省からの優先株買戻し費用の1株当たり18セント が含まれる。

時間外取引のニューヨーク時間23日午後4時43分(日本時間24 日午前5時43分)現在、アメックスの株価は1.45ドル安の28ドル。

総収入は前年同期比18%減の61億ドルと、ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたアナリスト予想平均(61億8000万ドル)を下回っ た。1万1000人を削減する計画の一環として、4-6月期には4000 人の削減費用が計上された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE