ルービニ米NY大教授:世界経済、景気後退の「二番底」に陥るリスク

米ニューヨーク大学のヌリエ ル・ルービニ教授(経済学)は23日、財政赤字の拡大や原油高、雇 用拡大の欠如を背景に世界経済が2010年後半ないし11年までに再び リセッション(景気後退)入りする可能性があるとの見解を示した。 同教授は今回の信用危機を予測したことで知られる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。