NY原油(23日):上昇、需要回復期待で3週ぶり高値-67.16ドル

ニューヨーク原油相場は上昇し、 3週間ぶり高値。米中古住宅販売件数の増加を受け、世界最大の燃料 消費国である米国での需要回復へ期待が高まった。

原油相場は一時3.2%高。全米不動産業者協会(NAR)がこの日 発表した6月中古住宅販売件数が3カ月連続のプラスとなったことを 好感。ダウ工業株30種平均は2%超上昇し、1月以来初めて9000ド ルを突破した。

BNPパリバ・コモディティー・フューチャーズ(ニューヨー ク)の上席エネルギーアナリスト、トム・ベンツ氏は、「住宅販売統 計と一部決算が新たな楽観につながり、それが相場を押し上げてい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比1.76ドル(2.69%)高の1バレル=67.16ドルで終了した。年初来 では50%値上がりしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE