NY金:続伸、ドル安で代替需要が高まる-終値954.80ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。 ドルの下落を背景に代替投資先としての金への需要が強まり、5週間 ぶり高値を付けた。

今週に入り金は1.8%上昇している一方、ドルは対ユーロで

0.7%下げている。朝方の取引では金は1オンス=957.50ドルと、 6月12日以来の高値まで上昇した。

バーナード・ジェイコブズ・メレット(コネティカット州)のア ナリスト、パトリック・チドリー氏は「今後ドルが下げると予想する 理由はいくつもあり、実際そうなれば、その恩恵を受けるのは金だろ う。だが、必ずしもすぐにそうなるとは限らない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 8月限は前日比1.50ドル(0.2%)高の1オンス=954.80ドルで 取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE