バフェット氏のゴールドマン株取得権、含み益20億ドル

米資産家ウォーレン・バフェッ ト氏が保有するゴールドマン・サックス・グループの株式購入オプシ ョンの含み益が20億ドル(約1900億円)を突破した。バフェット氏 は信用危機の最中に、同氏率いる米保険・投資会社バークシャー・ ハサウェイとゴールドマンとの間で合意した取り決めの一環とし て、このオプションを取得した。

ニューヨーク市場ではゴールドマンの株価が162ドルを突破。 リーマン・ブラザースが破たんした昨年9月以来の高値を付けた。バ ークシャー・ハサウェイは今後4年間にゴールドマンの普通株50億 ドル分を1株当たり115ドルで購入する権利を有する。

アメリカン大学(ワシントン)のジェラルド・マーティン教授は、 「バフェット氏はさぞいい気分だろう。バフェット氏の実力が弱まっ たと言いたい人々にとって、これは信じられない数字のはずだ」と語 った。

オプション行使価格と現行水準の差から判断すると、バークシャ ーの含み益は20億9000万ドルとなる。一方、ゴールドマンは22日、 金融安定化法に基づき公的資金の注入を受けた際に政府に売却した株 式購入オプションについて、11億ドルでの償還を求める米財務省から の要請に同意した。公的資金の投資リターンは年率で23%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE