米ニューモント・マイニング:4-6月は40%減益-買収費用が響く

産金で米最大手のニューモント・ マイニングが23日発表した2009年4-6月(第2四半期)決算は、 前年同期比で40%減益となった。買収費用が影響した。

発表資料によると、純利益は1億6200万ドル(1株当たり33セ ント)と、前年同期の2億7100万ドル(同59セント)から減少。一 部項目を除く1株当たり利益は43セント。ブルームバーグがまとめた アナリスト14人の予想平均は48セントだった。売上高は前年同期比

6.6%増の16億ドル。

リチャード・オブライン最高経営責任者(CEO)率いる同社は、 金相場の歴史的高値から恩恵を受けるため、事業拡大を目指している。 ニューモントは先月、南アフリカ共和国のアングロゴールド・アシャ ンティと共有していたオーストラリアのボッディングトン・プロジェ クトの未保有分の買収を完了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE