香港株(終了):ハンセン指数、約10カ月ぶり高値-銀行株など高い

香港株式相場は、銀行株中心に上 昇。ハンセン指数は約10カ月ぶりの高値水準で終了した。

東亜銀行(23 HK)は3.3%高。香港の銀行は破たんした米リーマ ン・ブラザーズ・ホールディングス関連の金融商品を元本の6割で投 資家から買い戻すことで金融当局と合意した。

米ウォルマートやターゲットへの衣料品、玩具の供給で最大手の リー・アンド・ファン(494 HK)は1.9%高。衣料小売りで国際展開 するエスプリ・ホールディングス(330 HK)は5.4%高。22日に発表 された5月の米住宅価格指数が予想外に上昇したことで、米景気が回 復しつつあるとの観測が高まった。

プリンシパル・アセット・マネジメント(香港)のビナイ・チャ ンゴシア最高投資責任者(CIO)は、リーマン関連の金融商品買い 戻しについて「解決方法が見つかったのは良いことだ」と指摘。また 米経済指標については、相場のセンチメントを一段と改善させたと話 した。

ハンセン指数は前日比569.53ポイント(3%)高の19817.70と、 終値ベースで昨年9月10日以来の高値を付けた。ハンセン中国企業株 (H株)指数は同3%高の11823.75と、昨年8月7日以来の高値で終 了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE