東芝:大分の半導体工場が一時生産停止、送電施設に落雷

大分市にある東芝の半導体工場が 20日、現地の送電施設が落雷被害を受けた影響で、一時生産を停止し た。22日から復旧を開始し、現在の稼働率は80%程度に回復している。

23日の時事通信の報道を受け、広報担当者の持田博子氏が明らか にした。同工場はソニー・コンピュータエンタテインメントのゲーム機 「プレイステーション3」向け画像処理半導体「RSX」などを製造し ている。

持田氏は今回の生産停止の被害額や、供給先に与える影響などは現 状で不明と説明。大分工場の生産能力に関しても「最新鋭300ミリライ ンは月産1万1000枚」としながらも、他のラインも含めた工場全体の 製造能力は非公表としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE