中国株(終了):上海総合指数、1年1カ月ぶり高値-楽観論広がる

中国株式相場は上昇。景気回復を 確実にするため、政府が金融システム内の流動性拡大を容認するとの 楽観的な見方を背景に、銀行株や不動産株が買われ、上海総合指数 は1年1カ月ぶりの高値を付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。