コンテンツにスキップする

今日の国内市況:日経平均が7連騰、債券は先物堅調-円94円台に下落

東京株式市場では、日経平均株 価がことし1月以来の7連騰。日米のマクロ経済統計で改善傾向が示 されたことに加え、午後に急速に為替の円安が進み、香港ハンセン指 数などアジア株の上昇も受けて市場心理が上向いた。輸出関連株が高 く、次世代送電網のスマートグリッドなどテーマ株に急伸する銘柄が 目立った。

日経平均株価の終値は前日比69円78銭(0.7%)高の9792 円94銭、7連騰は2008年12月25日から09年1月7日にかけて 記録して以来、約半年ぶり。TOPIXは同2.11ポイント (0.2%)高の908.69。

国内企業の四半期決算発表や衆議院選挙を控え、機関投資家は 様子見に入っており、相場の方向感が出にくくなる中、前日と同じく この日も午前の日経平均は前日終値(9723円)を挟んで小動きだっ た。

しかし、アジア株高と円安をきっかけに、昼休み時間帯にシン ガポールの日経平均先物が急伸。これが午後からの東京市場での先物 主導の上昇につながった。午後の取引開始早々に日経平均は138円 高の9861円まで値を切り上げ、今月3日以来となる9800円台を回 復した。その後も9800円台での推移が続いたが、取引終了にかけて 一転して先物売りを受け、急速に伸び悩んだ。

内外の経済指標が良好だったことが好感された。米連邦住宅金 融局が22日発表した5月の住宅価格の指数は前月比0.9%上昇。市 場予想の中央値(0.2%低下)を上回り、3カ月ぶりに前月水準を上 回った。朝方発表された6月の日本の貿易統計では、アジア需要の回 復を受けて輸出額の減少率が縮小、貿易黒字額が前年同月比で増加に 転じた。

相場の上げを主導した輸出株では京セラ、東京エレクトロン、 オリンパスなどが日経平均のプラス寄与度上位に入った。ブリヂスト ンなどタイヤメーカーも上げが目立ち、東証ゴム製品指数は2.6%高 で33業種指数の値上がり率1位。

子育て、鉄道関連など連日テーマ株がにぎわう中、きょうはス マートグリッドや電池関連などが買いを集めた。米国のグリーンニュ ーディール政策でスマートグリッド関連のインフラ投資が増え、ビジ ネスチャンスの拡大が期待されるとして、野村証券が参考銘柄に挙げ たトーカロが値幅制限の上限まで買われた。日本ガイシ、住友電気工 業も上昇。明電舎やジーエス・ユアサ コーポレーションなど環境関 連株も急騰。

このほか、クレディ・スイス証券が投資判断を「アウトパフォー ム」に引き上げた東洋炭素、主力の精密加工ツールの回復で4-6月 期の連結売上高(速報)が前四半期比42%増となったディスコがと もに年初来高値を更新した。

一方、三菱UFJ証券が投資判断を「4(アンダーパフォー ム)」に下げたパソナグループが東証1部の値下がり率2位。ブラジ ルの葉たばこ購買・加工会社を買収すると発表したJT、2010年3 月期の業績予想を下方修正した日立ビジネスソリューションも下げが 大きい。ゴールドマン・サックス証券が投資判断を「中立」に下げた KDDIは日経平均のマイナス寄与度1位。原油安を受け、国際石油 開発帝石など鉱業株、コスモ石油など石油株も安かった。

東証1部の出来高は概算で22億6388万株、売買代金は1兆 3969億円。値上がり銘柄数は662、値下がりは900。業種別33指 数は17業種が上昇、16業種が下落。

債券は先物堅調、超長期債には売りも

債券市場で先物相場が堅調(利回りは低下)。前日まで先物相 場が続落していたことを受けて海外投資家などからの買いが優勢とな った。もっとも、午後に日経平均が上げ幅を拡大させると売りが増え て、138円を割り込む場面もあった。

東京先物市場の中心限月9月物は5営業日ぶりに反発。前日比 9銭高の138円17銭で始まった後、徐々に買いが優勢となり、一時 は19銭高まで上昇した。午後に入ると、売りが優勢となり、9銭安 の137円99銭まで下落し、今月1日以来の138円割れとなった。 大引けにかけては再び買いが増えて、結局12銭高の138円20銭で 終了。日中売買高は2兆1276億円。

現物債市場で新発10年物の302回債利回りは、前日比0.5ベ ーシスポイント(bp)低い1.375%で取引開始。その後は徐々に水 準を切り上げ、1.5bp高い1.395%に上昇し、6月29日以来、約 1カ月ぶりの高水準をつけた。しかし、1.4%に接近したことで買い が入り、午後3時57分時点では前日比変わらずの1.38%で推移し ている。また新発5年債利回りは1bp低い0.695%で推移している。

一方、超長期債が売られた。新発20年債利回りは前日終値

2.105%を3.5bp上回る2.14%、新発30年債利回りは3.5bp高 い2.285%で推移している。前日の20年債の入札は無難だったもの の、流通市場での販売は低調との指摘が出ていた。

円は94円台に下落

東京外国為替市場では円が下落。新規の材料に乏しいなか、株 式相場の堅調推移を背景にリスク投資への警戒感が弱まり、超低金利 の円から相対的に金利の高い通貨に資金を振り向ける動きが優勢とな った。

円は対ユーロで一時、1ユーロ=134円52銭と朝方に付けた日 中高値の132円85銭から1円50銭以上下落。これにつられる形で、 ドル・円相場も1ドル=93円台半ばから一時、94円41銭まで円安 が進んだ。

また、対円でのユーロ買いが波及し、ユーロは対ドルで1ユー ロ=1.4200ドル前後から一時、1.4266ドルまで上昇。21日に付け た6月3日以来の高値(1.4277ドル)に接近した。

円は対オーストラリア・ドルで1豪ドル=76円台前半から77 円台前半へ下落。対ニュージーランド・ドルでも約1円値を下げた。

22日には米証券大手モルガン・スタンレーがアナリスト予想を 上回る赤字となった一方、5月の米住宅価格指数が予想を上回るなど、 好悪材料が交錯。米株式相場は高安まちまちとなり、為替相場もレン ジ内で方向感に乏しい展開となった。

こうしたなか、この日も米国では破たん懸念がくすぶるCIT グループほか、マイクロソフト、アメリカン・エキスプレスといった 主要企業の決算発表が続く。また、経済指標では先週分の新規失業保 険申請件数と6月の中古住宅販売の発表が予定されている。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査によれ ば、18日に終わった1週間の新規失業保険申請件数は55万7000件 と前週の52万2000件を上回る見通し。一方、6月の中古住宅販売 件数は前月比1.5%増の484万戸が見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE