韓国公取委:米クアルコムに194億円の制裁金-過去最高

韓国公正取引委員会(KFTC)は 23日、携帯電話機向け半導体最大手の米クアルコムに反競争的な慣行 があったとして、同国内の独禁法違反としては過去最高となる2600億 ウォン(約194億円)の制裁金を科す方針を明らかにした。

KFTCは声明で、クアルコムが、競合他社製のモデムチップを購 入した携帯電話メーカーに対しより高いロイヤルティーの支払いを求め る一方、主にクアルコム製の商品を購入した顧客に対してはリベート (払戻金)を支払ったと説明した。

声明によれば、KFTCはクアルコムに対し、競合他社のモデムチ ップ利用に対して異なったロイヤルティー料率を課すことや、クアルコ ム製品を購入することを条件とした企業へのリベート支払い、またロイ ヤルティーの有効期間が切れた後に技術使用料を得ることをやめるよう 指示した。

KFTCは制裁金額について、独禁法違反としては2007年に石油化 学企業10社に対して科した1045億ウォンを上回り、過去最高になる としている。韓国はサムスン電子やLG電子という世界トップ3に入る 携帯電話メーカーを抱えており、クアルコムにとっては最大の市場とな っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE