独ポルシェCEO退任へ:反対派去り、VWとの統合の可能性高まる

ドイツのスポーツ車メーカー、 ポルシェのベンデリン・ビーデキング最高経営責任者(CEO) (56)の退任が決まった。在任期間16年。これで同社が欧州最大の 自動車メーカー、独フォルクスワーゲン(VW)と経営統合する道が 開かれた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。