鉱業協会会長:BHPとの銅鉱石価格交渉-33%引き下げで決着

日本鉱業協会の岡田昌徳会長(日鉱 金属社長)は23日、都内で開催した定例会見で、英豪資源大手BHP ビリトンとの2009年年央の銅鉱石価格交渉について、製錬側の取り分 である加工費が、08年末の水準から33%引き下げられた水準で決着し たと明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。