メディネト株がストップ高、免疫細胞療法の認知度向上で業績増額

免疫細胞療法の普及を図るメデ ィネットの株価が午後の取引で急騰し、ストップ高(制限値幅いっぱ いの上げ)に相当する前日比2000円(12%)高の1万9000円まで 上昇。免疫細胞療法を実施する医療機関数が増えたほか、各種メディ アで取り上げられる機会も増え、同療法の認知度が向上、今期 (2009年9月期)業績予想を増額修正したことが好感された。

修正後の通期業績予想は、連結売上高が27億円、経常利益が1 億5500万円で、前回と比べて売上高で7%の増額修正、経常利益は 1億4500万円(16倍)の上乗せとなる。臨床開発の一部実施時期 を見直したことで研究開発費が想定より少なく済む見通しのほか、一 部管理費の経費抑制などで営業利益率が予想より良くなるという。

業績修正を公表した午後2時から約20分間で9067株の売買が 約定、きょうの累積出来高(1万2295株)に対する占有率は74% に上った。公表直前は、2%高の1万7340円で推移していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE