米失業率上昇はGDP減少ペース上回る、過去の標準との比較-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は22日、米失業率の現在の水準(9.5%) を国内総生産(GDP)の減少ペースと比較した場合、過去の標準を 1-1.5ポイント程度上回っていると報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。