東京海上:ヘッジファンド投資慎重に、09年度入れ替え進める

国内損保最大手の東京海上日動火災 保険は、2009年度のヘッジファンド運用残高を抑制する方針だ。金融混 乱がマイナスに影響した前年度の反省から慎重な運用姿勢を継続し、相 場が大きく変動する局面で株、為替、金利、商品などで運用するファン ドの入れ替えを進める考えだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。