牛乳好きは寿命が延びる、心臓病などでの死亡リスクを低減-英研究者

長寿の秘訣(ひけつ)は意外と単 純かもしれない。牛乳を飲めば長生きできる可能性があるとの研究結 果が示された。

英カーディフ大学の研究員ピーター・エルウッド氏と英レディン グ大学のイアン・ギブンズ氏は22日、ウェブサイトのアルファガリレ オに掲載した発表資料で、心臓病や心臓発作などの病気で死亡する確 率が牛乳を飲むことで最大20%低下する可能性があると報告した。

両氏によると、牛乳はカルシウムとカリウム、たんぱく質、ビタ ミンDを含むと同時に、糖分や飽和脂肪があるため不健康な食品とさ れることが多い。しかし、冠状動脈性心臓病や心臓発作、糖尿病の予 測調査のために牛乳を飲んだ人324人を対象にした研究からは、牛乳 を飲むことによる健康上の危険よりもメリットの方が勝ることが判明 したという。

ギブンズ氏は発表資料で、「われわれの研究結果では、冠状動脈性 心臓病と心臓発作、結腸直腸がんの死者数を考慮すると、こうした慢 性疾患で死亡するリスクは牛乳の摂取により全体的に低下した強い証 拠が見られる」と説明。「牛乳消費が西洋社会の生存率上昇に関係して いることを示す説得力ある総合的証拠がある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE