米加州知事:予算関連法案の週内可決に自信-23日に採決開始

財政難に苦しむ米カリフォルニア 州のシュワルツェネッガー知事は22日、260億ドル(約2兆4400億 円)の財政赤字穴埋めのため、共和、民主両党の州議会指導部との間 で今週成立した合意について、週内に議会で承認されるとの見通しを 明らかにした。

州議会は歳出削減と歳入拡大、借り入れに関する20本以上の法案 の採決を23日に開始する。シュワルツェネッガー知事は記者団に対し、 「われわれはこの予算を成立させることができるだろう。必要な票が 集まる見通しだ」と語った。

一方、予算削減の手段として、州刑務所服役囚を早期釈放する案 をめぐっては、共和党指導部が法案に盛り込まれた場合に拒否する意 向を表明。シュワルツェネッガー知事は、刑務所予算を10億ドル余り 削減する方法の詳細は法案には含まれないと説明した。

-- Editor: Michael Weiss

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: William Selway in San Francisco at +1-415-617-7072 or wselway@bloomberg.net; Michael B. Marois in Sacramento at +1-916-503-1612 or mmarois@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE