ウォール街金融機関:破綻前にリーマン救済で合意-ウェッセル氏著書

ウォール街の大手商業銀行 と投資銀行の首脳らは、米証券会社リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスが破産申請する直前の週末に同社の救済計画を取りまと めていたことが、金融危機時の米連邦準備制度理事会(FRB)の 役割に関する書籍で明らかになった。ただこの計画は、バークレイ ズへの売却を英監督当局が差し止めたことで立ち消えになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。