東洋炭素が7カ月ぶり高値、白色LED材料の成長期待

等方性黒鉛で世界首位の東洋炭 素の株価が一時前日比12%高の4260円まで急伸し、2008年12月 以来、7カ月ぶりの高値。白色発光ダイオード(LED)装置向けS iCコーティング材料の立ち上がりから、来期(2011年5月期)以 降の中期的な業績回復期待が強まっている。クレディ・スイス証券は 22日付で、投資判断を「アウトパフォーム」へ2段階引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。