CIT債券保有者のアドバイザーは事前合意の破産法求める

米商業金融CITグループへの 30億ドルの緊急融資で合意した債券保有者のアドバイザーは、8月の 債務再編の後に同社が事前合意の破産法の適用を申請し、事業が再構 築されるよう求めている。事情に詳しい関係者1人が22日明らかに した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。