ドコモ:営業利益16%減、4-6月期で3G移行負担-日経

23日付の日本経済新聞朝刊は、N TTドコモの2009年4-6月期の連結営業利益(米国会計基準)が前年 同期比16%減の2500億円程度だったようだと報じた。前年同期の利益 を押し上げた割賦販売導入による営業費用の削減効果が一巡し、第2世 代(2G)携帯電話から第3世代(3G)への以降促進に伴う費用も膨 らんだようだという。取材源は示していない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。