米国株:下落、原油安でエネルギー株に売り-銀行株も安い

米株式相場は下落。S&P500 種株価指数が8カ月ぶり高値から下げた。原油価格の下落が嫌気さ れてエネルギー株が売られたほか、米銀ウェルズ・ファーゴの不良 債権の増加が明らかになると、銀行株は値下がりした。

石油のエクソンモービルやコノコフィリップスは下落。ニュー ヨークの原油相場が6営業日ぶりに下落した。米エネルギー省の発 表した原油在庫が予想ほど減少しなかったのが影響した。

ウェルズ・ファーゴは下落。ナスダック総合指数は11営業日続 伸。1996年以降では最長の連続高。世界最大のコーヒー店チェー ン、スターバックスが上場来で最大の値上がりを記録し、コンピュ ーターのアップルは予想以上の好決算を手掛かりに買いが膨らんだ。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価 指数は前日比0.1%安の954.07。ダウ工業株30種平均は同34.68ド ル(0.4%)下落の8881.26ドルで終了した。ナスダック総合指数 は0.5%高の1926.38だった。

レラティブ・バリュー・パートナーズのモーリー・ファーティ グ最高投資責任者(CIO)は、「市場参加者は、相場がかなり上 昇したが、材料をみるとそれほど楽観的な内容ではないという現実 を認識しようとしている。不透明感が依然として存在している。こ の先さらに上昇するには、一段の強材料が必要だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE