バーナンキ議長:消費者保護をFRBの責務とすべきだ-議会証言

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は22日、連邦準備法によってFRBの主要責務は物価 の安定と最大限の雇用の維持とされているが、これに消費者の保護を 加えるのが望ましいとして議会に検討を促した。

バーナンキ議長は上院銀行委員会で証言後、クリストファー・ド ッド委員長(コネティカット州、民主党)の質問に対し、「2000年以 降、消費者保護へのFRBの対応はスピードにおいても、積極性にお いても不十分だった」と回答した。

同議長はさらに、「FRBの関わりを強化できるような措置が考 えられないか検討していただきたい」と促した。具体的には、「最大 限の雇用と物価安定というFRBの主要目標に対し、消費者の保護を 加えるよう連邦準備法に盛り込むことも一案であろう」と述べた。

バーナンキ議長はまた、FRBの消費者保護について年次報告を 義務づけ、公聴会と検証の制度を確立することも考えられると指摘。 FRBの消費者諮問評議会の役割を強化するのも検討に値すると述べ た。

-- With assistance from Alison Vekshin in Washington. Editors: Mark Rohner, Carlos Torres

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先:

Craig Torres in Washington at +202-654-1220 or ctorres3@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE