NY金:反発、ドル下落で代替需要が復活-終値953.30ドル

ニューヨーク金先物相場は反発。 ドルの下落を背景に価値保存手段としての金への需要が戻り、過去4 営業日で3日目の上昇となった。

主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は一時0.5%下 げた。バーナンキ議長が21日、米下院金融委員会での半期金融政策報 告で「長期間にわたり相当緩和的な金融政策を継続する」と発言した ことが背景。金は先週、ドルの軟調に伴い2.7%上昇した。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドディ ーラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は「ドルが再び大幅に下 げ始めれば、金はこれにすぐに反応するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 8月限は前日比6.40ドル(0.7%)高の1オンス=953.30ドルで取引 を終了した。年初来では7.8%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE