米国債:下落、来週の入札が重し-30年債利回り4.44%

米国債相場は下落し、30年債は 3営業日ぶり反落となった。米連邦準備制度理事会(FRB)のバー ナンキ議長は22日、上院銀行委員会で証言し、「失業率が最も差し 迫った問題」だとの認識を示したが、市場の関心は来週実施される4 回の入札に移っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。