米ゴールドマン:政府に売却したワラント、11億ドルで償還(Update1

米金融大手ゴールドマン・サック ス・グループは22日、昨年10月に金融安定化法に基づき公的資金の 注入を受けた際に政府に売却したワラントについて、11億ドル(約 1029億円)での償還を求める米財務省からの要請に同意したことを明 らかにした。優先株の配当3億1800万ドルの支払いを加えると、公的 資金の投資リターンは年率で23%となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。