バーナンキFRB議長:住宅価格の下落、終了したとは言い切れず

バーナンキ米連邦準備制度理事 会(FRB)議長は22日、上院銀行委員会で証言し、住宅価格の 下落が終わったとは「決して言い切れない」と述べた。

◎住宅市場について:

「住宅市場の需要については、ここ数カ月間比較的安定してい る」

「住宅価格もある程度安定したように見受けられる」

「住宅取得の可能性は、過去何年間もみても今が最も高い。 住宅市場に関していくつかの前向きな経済指標も出ている」

「とは言え、まだ住宅差し押さえの問題があり、価格には下振 れ圧力がかかっている」

「住宅価格の下落が終わったとは決して言い切れないが、それ でもいくつかの明るい兆しはみえている」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE