オペルの買い手候補、加マグナの優位変わらず-ドイツ政府報道官

ドイツ政府は米自動車メーカー、 ゼネラル・モーターズ(GM)のオペル部門に対し、今月20日に3社 から受け取った最終的な買収案を「綿密に分析した」結果、カナダの 自動車部品メーカー、マグナ・インターナショナルが依然、買い手と して望ましいとみている。ドイツ政府のウィルヘルム報道官が明らか にした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。