東京電力:柏崎刈羽原発7号機の営業運転への移行を地元が了承

東京電力は22日、柏崎刈羽原子力発 電所7号機(出力・135万6000キロワット)の営業運転への移行を新潟 県、柏崎市、刈羽村の3首長が了承したと発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。