アジア株:MSCI指数、7営業日続伸-信越化や豪BHPが高い

22日のアジア株式市場では、MS CIアジア太平洋指数が7営業日続伸。子会社の信越半導体がシリコン ウエハーの値上げ方針を示した信越化学工業が買われたほか、4-6月 期の石油生産が過去最高となったオーストラリアのBHPビリトンが高 い。MSCIアジア指数の7営業日続伸は、1月以来の長期連続高。

信越化学は4.9%高。石油・天然ガス生産で豪州最大のBHPは2% 上げた。中国製油最大手の中国石油化工(Sinopec)は上海市場 で10%上昇。1-6月(上期)の純利益が3倍余りに増加したもよう だと、野村ホールディングスが指摘したことに反応した。

パラダイス・インベストメント・マネジメント(シドニー)で約32 億ドルの資産運用に携わるマット・リオーダン氏は、「市場は景気回復 を織り込みつつある」と指摘。「経済情勢は基調的に人々の予想以上に 良い」との見方を示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時45分現在、前日比

0.6%高の107.21。過去7営業日の上昇率は9.3%となった。日経平均 株価は前日比71円14銭(0.7%)高の9723円16銭で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE