山口日銀副総裁:消費者物価が「安定」に戻るには時間も

日本銀行の山口広秀副総裁は22 日午後、函館市内で会見し、現在マイナスになっている消費者物価指 数が日銀の考える物価安定の範囲であるゼロ-2%に戻るには「それ なりに時間がかかる可能性が結構高い」と述べ、今後数年はマイナス が続くとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。