スペインの住宅不況:賃貸料が下落、1950年代以来の供給過剰で

スペインでは、賃貸住宅の数が 過去2年間で55%増加して330万軒と、住宅省が2004年に統計を開 始して以来で最高となった。不動産調査会社イデアリスタ・ドット・ コムによれば、マドリードやバルセロナを含む都市部の賃貸料は7年 ぶりに下げに転じている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。