楽天株が昨年5月来高値、Eコマース堅調で業績拡大-金融は注視も

インターネット上で仮想商店街「楽 天市場」を展開する楽天の株価が一時、前日比4.6%高の6万3200円 と大幅続伸。2008年5月8日以来、約1年2カ月ぶりの高値水準を回 復した。不況による販売減少などで、出店者側が楽天市場でのネット通 販を増やす傾向が強まっている。中古品需要などで利用者数も増えて流 通総額が高い伸びを継続し、好業績期待が強い。

いちよし経済研究所の納博司シニアアナリストは、「イーバンク銀 行や楽天KCなど金融関連事業が大崩れしなければ、電子商取引(Eコ マース)事業を中心に向こう3年間は年率24%の利益拡大が可能だ」 と指摘、中長期的な目標株価を8万5000円と設定している。

楽天が5月12日に公表した第1四半期(1-3月)決算によると、 国内Eコマース流通総額とトラベル予約流通総額を足した金額は前年同 期比18%増の2623億円となった。楽天グループ会員数が同41%増の 6520万に増えたほか、出店店舗数も同18%増の2万7258店と高い伸び を継続、好循環が続いている。

楽天株は3月13日に付けた4万2550円を直近安値として上昇基調 に転換。約4カ月間で5割値上がりした。04年12月29日に付けた高 値の12万7000円を100、09年3月安値をゼロとした場合の現在の株価 位置は24.5。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE